2010年09月23日

2010年08月18日

アルビレックス新潟vs清水エスパルス:ターンオーバーマップ

蹴散っせ、蹴散らっせ
な対清水エスパルス戦。今年は清水に2連勝で、通算対戦成績も5分に。

で、久しぶりのターンオーバーマップ。
やっぱり(山形と違って)相手が攻撃的だと試合がしまって眠くならない。
スムーズにターンオーバーマップを描くことが出来ました。

さてターンオーバーマップを見ると一目で分かるのは
「新潟が夏仕様に変化している」ということ。

ボールの獲りどころがかなり前後に開いています。
それもそのはず。現在の新潟は無理に中盤をコンパクトにせずに、要所でDFラインが押し上げるスタイルに。だからオフサイドが増える。しかし、少しDFラインが低くなっても、不調の時(例えば一つ前の山形戦)のようにズルズル下がる訳ではなく、相手のFWへのプレッシャーは強力。だから相手のFWもボールをもらいに下がらざるを得ない訳です。

ただ、FWがボールをもらいに下がる結果、相手に小野という名手がいることもあり、エスパルスも簡単にはボールを失わない。そこでなかなかアルビレックスもターンオーバーが出来ないのです。

しかし、そこで無理をしない。
この「無理をしない新潟」、「状況を考える新潟」というところが苦手な夏の克服に繋がっているかも知れません。

この辺りはクロさんで変わったところではないかと。
淳さんの時よりも、相手に合わせ、時間帯に合わせ、微妙に変えてくる。だから、選手もより柔軟に状況を考えるようになっているのでは・・・というのは穿ちすぎかな。

【前半】

この試合の特徴はサイドバックが後方からしっかり組み立てようとしていたこと。
実は新潟、サイドバックが低い位置にいるときは、あんまり攻めるのが上手くないんですが、両サイドが良くトライしています。

それから、ウチのボランチがいかに良く動いているかも分かりますね。
ウチのボランチは(普通見られるような)左右の分担や前後の分担がハッキリしない。かなり流動的なポジションをとります。これに「フラフラっ」と守備に参加するミシェウさんもあわせると、相手のチームにとって、どこから誰がボールを獲りに来るか分からない。これもウチのチームのストロングポイントです。

ターンオーバー19-1.gif

【後半】

後半は更に高徳が良くなってきます。
彼は本当に良くなってきている。特にインサイドを駈け上がるオーバーラップは素晴らしい。この時に彼の右足が生きるわけです。どんどん奈良橋の領域に近づいている。もう少し守備が上手くなれば、本当に2014年は狙えるかも知れません。

そして、ジョンパウロ。
ヨンチョルのPKに繋がったのは、彼が自陣ペナルティアークで奪ったボールから。
そして、彼はボールを奪うだけでなく、最後はゴール前まで入っている。素晴らしいプレーです。
実は彼はここまでに4回相手からうまくボールを奪っているのです。
ただ、その奪ったボールを味方が雑に扱ったためターンオーバーにカウントしなかっただけ。だから、少なくとも守備力はかなり確かだと言えます。・・・というか新潟の守備の仕方に非常に合っている選手。攻撃力はまだ分からないけど、期待したい選手です。

ターンオーバー19-2.gif

次は川崎戦。
この調子で頑張りましょう。

posted by 紅 at 23:12| Comment(16) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

2010年06月28日

サッカーの判定は「公明正大」でなくてはいけないのか? 誤審はサッカーにとって必用不可欠な魅力で魔力

という刺激的なタイトルを出してみました。

まずはこのネタを考える機会を提供していただいたぐっちいさん(@satokoyamaguchi)に感謝。

Quote:
ぐっちいさんsays
@shozo_koide ビデオ判定が、本当にサッカーの本質を否定するものなのか、主審の威厳を損なうものなのか。他競技の実際例を見ながら未来指向で判断してみてもよいのではないかと思ったりします。

まず、このぐっちいさんの話は正しいと思っています。

それを分かった上で、それでも、そこに納得できない自分が居ます。
ただし「なぜビデオ判定が駄目か」を考えても、どこか言い訳臭い。
正直言って、ぐっちいさんを前にして説得できるとは思えない。
それでは、「ビデオ判定」を認めるかというと、「違う」という自分が居る。

そこで、その自分は何だ?と問い詰めてみました。
少なくとも、ソコにある答えは公明正大な合理性ではないはず。
むしろ、「ココロの闇(大げさですが)」というか、「体質」というか
そういうことが関係していると思うのです。
そこで、そういう方向から探ってみました。


今回のことで感じたのは、サッカーには「スポーツ」からはみ出る「サッカー的な土俗性」があるということ。その土俗性は、サッカーの外側から見れば「オカシイ」のですが、なにせ「土俗性」なので・・・。

問題になるのは「サッカーの本質」ではなく、「サッカーの土俗」なのです。

土俗だから、主審の威厳(まあサッカーの場合はその起こりから言っても、主審への敬意はあっても主審の威厳はないと思いますが)とも、他競技との比較も受け入れない点があります。かみ合わないのは、そもそも同じ事実を見ていても、その視点が全然違う所にあるからです。

もちろん、それはサッカーの外側から見れば絶対にオカシイ!
なぜならサッカーの人が言っていることは、サッカー以外から見れば「合理性に欠けて」います。何かというと「それがサッカーだから」と言いますが、それは何も説明していません。だから、皆がイライラします。だって、キチンと合理性と立ち向かわず、自分の論理だけで話している。うん、相撲協会と対して変わらないかも・・・。

しかし、その本質が「スポーツ」の「本質」ではなく、「サッカー」の「土俗性」だと考えれば、不合理であっても問題はないのではと。「土俗(サッカー内論理)」がキーワードかと。

理性では「誤審はマズイ」と思っていても、情動の部分に「誤審を容認する部分」は無いだろうか?サッカーに対してどこか「(人生と同じように)不条理であって欲しい」という黒い感情が。

そうサッカーの外からは「公明正大という光」が指してきますが、サッカーの内側には「不条理を求める闇」が占めているのではないかと。

少なくともボクの感情には「不条理を積極的に容認する」暗い感情があります。正しい者、強い者が不条理に負ける余地が無ければサッカーではない、とでも言うようなココロの闇が(笑)。

ボクはサッカーが南アメリカやアフリカに根付いたもう一つの理由が、この不条理に向かうサッカーの傾向にあるように思います。
そういう魔術的な部分がサッカーの持っている魅力だと感じる人達が。

サッカーにこういう土俗性が有る限り、簡単にビデオ判定は導入されないと思います。反対する理由が「合理性=光」ではなく、「土俗性=闇」だから。

ただし、サッカーという「スポーツ」がワールドカップやチャンピオンズリーグの成功によって、世界の光に飛び出していく中では、いつまで土俗性を維持できるか?
簡単に答えが出るわけではないと思います。
サッカーに一つの転機が来ているように思います。


この文じたいにも何の意味もありませんよ。
ただ、自分の頭を整理しておきたかっただけですから。
posted by 紅 at 17:59| Comment(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ターンオーバーマップ【日本vsデンマーク】

「勝つとしたらデンマーク戦」。
これはサッカーファンならかなりの人が思っていたことでしょう。
実際に前回大会までのワールドカップでの対欧州の戦績は1勝2分け2敗。
親善試合レベルではトップレベルには引き分け、セカンドクラスであれば何回も勝利している。

たぶん、もっとも楽観的な人の予想は・・・

カメルーン戦=引き分け
オランダ戦 =最少失点で引き分け
デンマーク戦=勝利

というものではなかったでしょうか?

それをこの日、勝ち点3。得失点差0で迎えているのです。
たぶん、皆さんが思っていたことは
甘く見るとやられる!決して「勝てると思ってはいけない。気を引き締めて!
では無かったでしょうか?(私はそうでした)

ここまで日本は高地馴化とコンディショニングに成功しており、一番の恐怖である「終盤のエネルギー切れ」とは無縁。まさに我々の期待が盛り上がります。

【前半】2点目がすべてでした。

日本vデンマーク1.gif

既に監督インタビューでも明らかになったように、日本は試合の入りに失敗。相手のトマソンと12番を掴まえられずかなりのピンチを迎えます。監督のインタビューでは10分くらいで修正がなったという感じでしたが、実際には30分まではどちらに転んでもおかしくないゲームが進みます。

しかし、30分に遠藤のFKがゴールに吸い込まれます。
そうすると、相手は残り時間で3点を取る必要が・・。ここでデンマークは明らかに気落ちします。
特に日本のストロングサイドである右サイドを松井、遠藤、長谷部が席巻。デンマークはこの時間帯にまったく攻められなくなります。

では大久保は?
大久保は実はそれまで(30分まで)の一番辛い時間を頑張っていたのです。

それまでの8回のターンオーバーの内、3回を一人で記録。更にターンオーバーの記録には残らないものの相手の攻撃を何回もクリアしました。
この日の試合、相手のロンメダールをいかに抑えるかが一つのポイント。
確かに、長友の活躍は言わずもがなです。
しかし、そのロンメダールを「孤立させ、長友との1対1に追い込んだ」のは、後方のサポートを徹底的に潰した大久保の隠れた活躍の賜。大久保様々です。

更に大久保と逆サイドの松井。今までこの二人は雑なディフェンスで知られていたのですが、今回は非常に丁寧な、そしてしつこいディフェンスをサイドで行い、相手を同サイドに押し込みます。相手の効果的なサイドチェンジは39分の1回くらい。ここまでのロンメダールの活躍にサイドチェンジや後方のサポートが欠かせなかっただけに、大久保、松井の活躍は日本のロンメダール包囲網の最前線だったと言えるでしょう。

【後半】甘く嬉しい「つなぎ」ある勝利

もちろん、このタイトルは金子氏のコラム『苦く悲しい「つなぎ」なき勝利』のパロディです。
その理由は最後の方で。

日本vデンマーク2.gif

後半開始。デンマークの怒濤のラッシュが予想されましたが、実質3点差の余裕をもった日本は後半の開始時点でも完全にゲームをコントロールします。
特に右サイド最前線でもボール奪取で相手の守備陣は大混乱。追加点ももうすぐという時間でした。

ここで、デンマークの監督が積極的に動きます。
前半の最後から後半の最初にかけて完全に日本が試合を把握した以上、思い切った刺激が必要。そこでDFを減らし、トマソンと共にシビアゾーンに飛び込んでいた12番を外して、放り込みにかけます。

結果として言えば、放り込みのせいで
・1度消えてから入ってくるトマソンの動きが、前線に張り気味になることで単調になり、
・スピードに弱いものの高さに強い日本のCBの特徴にどんぴしゃではまり、
・手を使うことにうるさい今日の主審の特徴にもどんぴしゃにはまって
楽になったのは事実です。
ただ、ターンオーバーマップを見る限りでは、デンマーク監督は「これくらいの大きな刺激を与えないと打開できない」と思ったのでは無いでしょうか?

さて、日本のもう一つの重要なポイント。
それは押し込まれた時間でも「後方からつないで攻撃しよう」という意識があったこと。ペナルティエリアあたりからつなごうというプレイが相手に対する心理的なカウンターになっていたはず。特にDFを一枚減らしたことで、真の意味での反発力がデンマークから失われていました。DFがしっかりと前に出て行くことは、結果としてチーム全体に前への圧力をつくりだします。ただ前に人数がいれば圧力がかかると思うのは間違い。本当の圧力は後ろから積み上げるものなのです。

 

この勝利は、単に日本が勝ったというだけではなく、「日本が相手を追い詰めて勝った」という意味で画期的な勝利。
この勝利はパラグアイにも大きなプレッシャーになっているはず。

決戦は火曜日です。

posted by 紅 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

タンオーバーマップ 【日本代表 v オランダ戦】

アルビレックス新潟ではお馴染み「ターンオーバーマップ」で振り返る日本vsオランダ戦です。
(※ちなみターンオーバーマップの書き方のルールはここに書いてあります

きっとこの試合、川口は14年前を思い出していたでしょう。
14年前のアトランタ。せっかくブラジルに1−0で勝ちながら、第2戦のナイジェリア戦を0−2で落としたため、最終的に第3戦に勝ちながら得失点差でグループリーグを突破できませんでした。その時にゴールにいたのが川口。監督以上に「2点取られたら負け」と思っていたのではないでしょうか。

そう、この試合のテーマは「まずは得点を取られない」こと。
そういう意味では与えられたタスクを全員が全うした試合といえます。

【前半】・・・守備しかさせて貰えませんでした。

守備の最大の目的はゴールを奪われないことだとしても、その次には「攻撃に繋げる」ことが重要です。もちろん、このターンオーバーマップ自体が「守備のための守備」ではなく、「攻撃に繋げる守備」をみるためのものですから。

そして、それでみると偉い悲惨な前半でした。
なんと前半のターンオーバーは9回(ちなみに前の試合の前半は19回)しかありません。もちろん、これはオランダの力。日本ほど細かくはないものの、奪われた後の守備網(選手間の適切な距離による集中守備)はオランダのお家芸。だから日本が相手のボールを奪っても攻撃に繋げることができません。
実は今回のターンオーバーは「ちょっと甘い判定かなあ」というものです。アルビレックス新潟の試合の基準で見れば、たぶん6回程度でしょう。本当にただ守っていただけといえます。

日本vオランダ1.gif

【後半】・・・遠藤はいったい何人いるんだ。(たぶん、この半分は明神(笑))

日本vオランダ2.gif 

たぶん、遠藤は「失点の原因は自分だった」という気持ちが強かったのでは?それが後半、チーム一番、しかもあらゆるポジションでのボール奪取につながるのではないでしょうか?

では、「遠藤が失点の原因!」とは???

失点は52分32秒。Vペルシーの落としをスナイデルがミドルで押し込んだもの。「一瞬の隙を突かれた!」と誰もが言います。でも本当でしょうか?

実はその5分前の46分58秒に、実は得点シーンの再現フィルム?と見紛うシーンがあるのです。

JN1-1.gif

左サイド(たしかスローイン)を基点に中央のVAN PERSIEへ。しかし日本の守備が集中して振り向かせない。そして阿部(写真では遠藤の直ぐ上)がSNEIDERのマークを捨てて後方から挟みに行きます。

JN1-2.gif

しかし、その阿部の穴を埋めるように遠藤がSNEIDERに詰めて、彼の強烈なシュートをブロックします。

そして、その5分後。

JN2-1.gif

またも左サイドの崩し(この時間、日本の右サイドは繰り返し狙われます)から、VAN PERSIEが落とします。
あまりに同じ位置から崩されたため、阿部は守備ラインに吸い込まれています。
遠藤は先ほどよりも少し中央に、そしてSNEIDERはちょっと外にいます。
この時点で遠藤の裏は大久保がカバーし、オランダの特性上、逆サイドには2人くらいしかいません。にもかかわらず遠藤の最初のポジションが甘いのです。

JN2-2.gif

そして、これが得点シーン。
遠藤の足がまったく動いておらず、完全に傍観者になっていることが分かります。

もちろん、この分析が「遠藤に厳しい」ことは分かっています。「その先で浮いている本田はどうなんだ?」という意見も分かります。
それでも、遠藤本人がきっと「しまった、やられた!」と思ったに違いありません。
なぜなら、彼が一番「自分(遠藤)に厳しい」はずです。

この試合、彼の頭のどこかにずっとこの得点シーンの悔しさが残ったはず。
僕はこの後見せる遠藤の圧倒的ボール奪取の裏に、この「悔しさ」が原動力になったのではないかと、勝手に妄想しております。

また、エリア対策に長友をまわした右サイドが積極性を増し、ターンオーバーが増えているのも見ての通りです。
彼の積極性が守備集中の押し上げを可能にしていると思います。

さあ、グループリーグは最後の1戦。
不安は「ベルギーが攻めてこない」こと、そのときにどうするか?

もちろん、監督の頭にはその対策もあると思います。

私たちは信じて応援するだけです!!!

posted by 紅 at 12:44| Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

ターンオーバーマップ【日本代表vsカメルーン】前半

素晴らしい勝利、そして素晴らしい組織。
昨晩の日本代表は、本当に良く闘いました。
その闘いをいつものごとく「ターンオーバーマップ」で振り返りましょう。
(※ちなみターンオーバーマップとはこれ

まずは前半からです。
(後半をやるかどうかは不明です)

  日本vカメルーン1.gif

今回は時間帯別だけではなく、個人の記録も付加しました。

さて、一目見て分かるのは30分過ぎの時間帯、とつぜん日本が高い位置でボールを奪い始めたこと。もちろん、この時間帯に日本はこの試合唯一のゴールを記録します。

キッカケは27分の松井の動きだし
松井が突然、相手のラインの裏へ飛び出しを活発にし、また前の方で猛烈なフォアチェックを開始します。

それまでの日本は、どちらかというと「無理をしない、引いてシッカリと守る」という試合をしていました。ですから、前の守備は基本的に本田が一人で対応していました。

ところが27分に松井が動きだす。そして、それに連動する形で駒野が前に出てきます。28分にハーフウエイを越えた位置から駒野がドリブルで前進、長谷部につないで、長谷部が右サイド前方に張った本田へ。選手は違え、ほとんど得点シーンと同じ組み立てが見られます。ここでは本田が上げきれませんでしたが、この28分のプレーで日本のスイッチが入ります。

そして、重要なのは33分のプレー。
ちょっと肖像権に引っかからなそうな写真で見てみましょう。


センターサークルのあたりで、相手の5番BASSOINGを本田が猛烈なチェイスをかけます。
そこでBASSOINGは18番EYONGにパスを出します。(赤い→)

j1.gif

そうすると、画面外から駒野が猛然とダッシュ。
EYONGは堪らず自らトラップを下げてしまいます。

j2.gif

そうすると、日本の選手が一斉に密集をかけて、強力な守備ラインを構成します。
なんとボールに対して5人がラインを形成。しかも本田がいるので怖くてバックパスも出せません。

j3.gif

この瞬間の日本の全体的な守備はこんな感じ。
カメルーンのEYONGが如何に孤立しているかわかります。

P1000672.JPG

個人技に頼って振り向こうとするEYONG。
しかし、その瞬間に駒野がボールを奪って前方の本田につなぎます。

j4.gif

だいたい、この時間帯で眠っていた試合がにわかに動きだします。
この後、日本はこの逆襲からの攻撃で右サイドを攻略します。
また、逆にASSOU EKOTTOの逆襲で危ないシーンも経験します。
しかし、日本のスイッチは切れない。そしてこの6分後に得点が入ります。

しかし、その得点は28分から続く一連の「日本の攻勢」の結果なのです。
実際この攻勢にさらされ、更に逆襲で体力を使っていたASSOU EKOTTO(左サイドバック)の怠慢な守備が得点に繋がる松井のクロスボールの陰の立て役者になるのですから。

日本は外国のチームに比べて「この時間に行くぞ」という試合の中でのリズムをつくるのが下手でした。
しかしこの試合はそれまでの時間は無理をせず、たった10分程度フルパワーをかけて、そしてその後はまた守備に時間を割くという「クレーバーなサッカー、おとなのサッカー」を見せてくれました

そういう意味で、まさに勝つべくして勝った試合。
こんなにターンオーバーマップを描くのが楽しい試合は本当に珍しいです。

なお、この勝利は全員の力なのですが、強いて言えば阿部が素晴らしかった。
守る時間は長友やCBと連動してガマンにガマンを重ね、そして28分から一気に前がかりになってボールを奪っていく。彼のクレーバーさが日本の良い時間をつくったといえますね。
最後は時間稼ぎ(田中のファウルのボールを蹴り出す)でイエローカードを貰ったのが残念ですが、ようやく(昔から日本を背負うと言われていた)彼の才能をみせてくれました。

posted by 紅 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

ターンオーバーマップ(山形戦)

鈴木監督さえ出来なかった4連勝。
チームの自信、そしてチームとして闘う意志が、今の新潟のチカラ。確かに個々に素晴らしい選手が居ますが、その個々バラバラのチカラよりも、明らかにチーム全体のバランスや選手の距離感の方が主役。ミシェウや小林、西などもすっかり新潟らしい選手になってきています。

【前半】

ターンオーバー12-1.gif

前半はほとんど新潟が支配。
なんと最初の15分、山形のターンオーバーは「0」です。
新潟はいつもの相手Zoneだけではく、フィールド全体でターンオーバーを記録します。山形は後方に引き下がってブロックを組んだまま、単発の(ギャンブル的な)攻撃のみ。
まずはミシェウが非常にタイミングの良い顔出しをしています。FWとしては下がりすぎなんですが、空いたスペースに勲や小林が顔を出し、良いリズムをつくっていきます。このローテーション的なサッカーに山形はついていけず、ボールを奪ってもただ蹴り出すだけに終わってしまいます。結局、ゴール前を固めて、ギリギリでクリアーしても、DFラインの前のスペースを使われ、山形は2失点します。

 

【後半】

ターンオーバー12-2.gif

ところが、後半の新潟は失速してしまいます。
これは横浜FM戦と同じパターンで、後半に(前半の反省を生かして)戦い方を変えてくる相手にどう対応するかが、今後の課題です。

後半開始の10分間、こんどはほとんど新潟がターンオーバーできなくなります。最初の15分に見られるターンオーバーはほとんど10〜15分に集中しています。
後半の中盤は、なんとか五分五分にもっていきますが、最後の15分も相手にリズムを奪われ、若干守勢に回る場面が増えていきます。

この原因は、前からのプレスが効かなくなったこと。
新潟のボールの奪い処は、相変わらず前の方で集中的にターンオーバーしており、その点では問題がないように思えます。ただし、注目して欲しいのは相手がミドルZone、バックZoneから攻撃を繋げていることです。つまり、新潟のファーストディフェンスをかいくぐっているということです。
そうすると、新潟は全体として前後方向にバラけてしまい、守備の集中(スペースのカバー)が甘くなります。新潟の場合、縦に短く・横に長い選手のポジションが、横よりも縦に選手が広がってくると悪い時間帯なので分かりやすい。特に後半の中盤辺りから相手のカウンターに対して、前線の4人が追いついていけなくなります。

これから気温が上がってくると、中盤の交代よりもまず前線の交代を考えた方が良いかも知れません。コンパクトな陣形と、それが可能にするローテーション的なサッカーが新潟の現在の持ち味。確かにヨンチョルやキショー、マルシオなど、悪い(縦にばらけてローテーション的な動きが出来ず、前後で固定的になった)状態でも何とかする選手がいますが、やはり撃ち合いになるのはマズイ。監督にはこのあたりのリスクマネージメントをお願いしたいです。

まあ、いずれにしろ「チームとしての戦い」がハッキリしてきた新潟。
キショーやゴートクが抜けるのを逆に選手層を更に厚くするチャンスと考え、ナビスコを闘いましょう。

posted by 紅 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ターンオーバーマップの見方、書き方

最近、立て続けに「ターンオーバーマップって、どうやって書いているのですか?」と聞かれます。中には「OPTAを使っているの?」という壮大な質問もありましたので、自分の書き方の整理・確認も併せて、一度内幕のご披露を。

 

ジャ〜ン。

これがターンオーバーマップの正体です。

 

フィールド図gif.gif

実際はA4の紙に印刷して、試合の録画(HD放送。だからHD放送があるまで書けないのだ)を見ながら、人間の手で一つ一つターンオーバーの地点をプロットしていくのです。自分の目と自分の手だけが頼りの人海戦術で書き上げられていく訳です。

しかも、もう一つ苦労するのは、単にボールを奪った地点ではなく、ターンオーバーマップで記録されるのは「ボールを奪って攻撃に繋がった地点のみ」を記録することです。

そう、ターンオーバーマップは、「守備の記録」ではなく、「攻撃の記録」なのです。

具体的には以下のルールに従って記録していきます。

条件1.相手の支配しているボールを味方が奪う。
従って、ゴールキックやスローインのボールは対象外です。またキーパーからのロングフィードやディフェンダーの大きなクリアも基本的に対象外です。ただし、クリアが小さく「セカンドボールを拾う」と言われる状態の時はカウントしています。

条件2.ターンオーバーした後、連続的にプレーが行われる。
特にゴールキーパーがこれにあたりますが、キャッチをした後、そのまま間髪入れずに攻撃に移った時しかカウントしません。いったん落ち着かせるためにボールを保持した場合(これはフィールドプレーヤーでもそうです)カウントしません。

条件3.2〜3プレー後まで攻撃に繋がる。
ただ、ボールを奪っただけではなく、それが2〜3プレーまでは攻撃に繋がらないとカウントしません。ですから、直ぐに相手にボールを奪い返されたり、双方で蹴り合いになるような「ボールが落ち着かない状態」はカウントしません。更に、ボールを奪ったとしても、奪われた側が直ぐに守備体制を整えたため、ボールを後ろや横で回さざるを得ない場合、カウントされません(こういうパターンで相手にターンオーバーを付けなかったことが今年の新潟の場合、とても多いです)。ボールを奪った後一つボールを戻して、そこから直ぐ次のプレーで攻撃した場合はタターンオーバーにカウントしますが、地点は一度下げた場所にプロットされます。

条件4.反則でターンオーバー後の攻撃を中断された場合。
ターンオーバーした直後、あるいは攻撃に映る2〜3プレーの間に相手が反則で止めた場合。基本的に自陣ではカウントしません。相手側のサイドで反則を受けたときのみカウントします。

 

条件1〜4を見ても分かるように、このターンオーバーマップの狙いは「カウンター攻撃を記録する」ことにあります。

私個人の信条は、「守備の目的はボールを相手から奪い攻撃に繋げること」だと思っていますし、「カウンターはサッカーの華」だと思っています。更に「新潟の好不調はこのカウンターの質に表れる」と思っています。

カウンターの質とは、「チームとして、フィールドのどの辺りでボールを奪って攻撃するか」がキチンと定まっていること。フィールドを前後の方向で見た場合・・・
1)より高い位置でボールを奪えているか?
2)奪う位置が、前後に大きく広がるのではなく、出来るだけコンパクトに収まっているか?
3)左右のバランスが取れているか?
を中心にチェックしています。

こうやって説明すると明らかなように、ターンオーバーマップはサッカーのある一部だけを取り出してハイライトしているに過ぎません。サッカーには色々な見方があります。私が新潟のフォーメーションは「4−2−4」という時、それは「ターンオーバーを狙うための、新潟のファーストディフェンスの体形」をそう表現しているに過ぎません。それ以降は守備の体系も4−4−2に変わっていきますし、攻撃時の機能(特にFWの役割分担)を考えれば4−4−1−1とも言えます。どの点に注目してみるか、あるいは戦評を書いている人はどういう意識で書いているかを考えると、サッカーの見方はもっと広がるでしょう。

そういう訳でターンオーバーマップも用法・容量を守った上で、末永くご愛顧をお願いします。

注:山形戦のターンオーバーマップは数日以内に、清水戦もなんとか今週中にはアップ予定です。

posted by 紅 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

私説「4−4−2−0フォーメーション」考

新潟が3連勝。
下位の神戸、中位の横浜、上位(一位)の清水を破っての躍進。
更に4試合連続の2得点(公式戦で6試合連続得点)。

しかし今シーズン始めから、シッカリとしたスキルをベースにしたサッカーを続け、それをシッカリしたチームワークに繋げてきたことは確か。押しまくった湘南戦をカウンターで落とし、大宮戦を無得点で引き分けた辺りがチームの一番底だったかも知れません。
浦和戦は負けたものの、ここで前に攻めるDFが復活。(私的には、この試合が今シーズンのターニングポイントだと思っています)
なかなか勝てないため、焦りから不安定な試合もありましたが、ヴィッセル(この試合も不安定な試合の一つ)に勝利したことで自信を掴んだのか、以降3連勝です。

好調だった昨シーズンの前半最終戦(ホーム川崎戦)、そして今シーズンの開幕(A川崎戦)、そして最近の横浜戦の3試合のターンオーバーを比較してみましょう。横浜戦は如何に相手ゾーンで多くのボールを奪っているか。そして、そこを越えられても、フィールドの中央1/3で確実にボールを奪っているかが分かります。
この好調は、今シーズンの前半よりも良い、というだけではなく、「好調だった昨年前半に比べても遜色ない」ものです。

ターンオーバー3試合比較.gif

そして、ここまでの好調の中に、今年の前半の新潟のシステムがあると思います。

 

・・・といっても、これはあくまで「私見」です。あと、ボクはディフェンス出身なので、サッカーを守備的にしか見れません。

ここでは仮に「4−2−4−0」フォーメーションと呼んでおきましょう。この表記は、相手が攻撃に移る時に、新潟が守備を始める際の基本的な選手の位置取りを表しています。これは昨年前半の4−1−4−1フォーメーションから、最前列である程度守備の義務を軽減される選手がいなくなり、かわりにボランチのポジションが1名厚くなったものです。

写真はホーム新潟戦でのショットです。(ボールは一番右側に映っている中澤選手と平行の右サイドにあります)

R1008895.JPG

ビッグスワンの芝の刈り目は約5.5m幅ですから、新潟の最終ラインから最前線のラインまで25mほどしかないことが分かります。一方、左右には45mほど広がっていますから、約1:2の横長の長方形が形成されています。

4-2-4-0.gif

この守備の分かりやすい特徴は3つ。

@最前線の守備。

通常の4−4−2の守備では、前の2人が相手のDF4人分の幅を担当します。
皆さんも代表の貴章を思い出してみましょう。まず、全力でセンターバックを相手陣の深くまで追いかけ、そのボールがサイドバックに回されると、それをまた追いかけて最後はスライディング!そうやって相手を遅らせる間に、DFラインの4と中盤の4が守備ブロックを形成するのが通常です。

それに対して新潟は、ちょうどディフェンスが行う様に、約70mのフィールドの幅を、FWの2人(貴章、ミシェウ(大島))とOMFの2人(マルシオ、ヨンチョル)でゾーンディフェンスのようにラインをつくってしまいます。特にサイドバックに回される(攻撃の基点)ボールに対して、両サイドのOMFがFWと連携しながら速攻に対する壁になっています。

サイドバックというのは、普段はタッチラインを利用してプレーをするので、正面からの圧力を受けて「奪われたら、そのままカウンター」という相手のディフェンスに慣れていません。だから、戸惑って(そして戸惑った気持ちのままで)内側に横パスを出す。そこをすかさず新潟のFWがプレッシャーをかけ、更にある程度フリーな動きが出来る二人のボランチが絡んで、高い位置でボールを奪うのです。

 

A最後尾の守備。

前の4人を組織重視のラインディフェンスにすると一つ問題が生じます。センターバックのロングフィードにそれほど強いプレッシャーをかけられなくなります。強くかけてしまうと、4人のラインにギャップが生じ、そこから相手の組み立てを許してしまうからです。
だからこそ、最終ラインが高く押し上げることが極めて重要。そして、実際に新潟は勇気あるラインコントロールを見せています。
大宮戦あたりでは、二人のCBが「同時に下げて」しまって、相手のFWに自由を与えたり、千葉ちゃんが大きく弾むボールを待ってしまって相手のFWにチャレンジする機会を与えていました。
しかし、浦和戦あたりから勇気を持って闘う守備が帰ってきました。もちろん、高い位置で勝負を続けますから、裏を付かれることもあります。横浜戦なんかの一点もそうです。しかし、この守備は1点取られるのはある程度、仕方がない。そのかわり、それ以上の得点を奪うのが今の新潟です。
また酒井は左足の技術に問題があり、相手に押し込まれるとボールをはね返すことが出来なくなります。酒井を前向きにプレーさせる意味でも、この前に行くディフェンスが向いています。

 

B二人のリベロ。中盤の守備。

基本的にラインディフェンス(ある程度、相互の位置取りを決めた固定的な守備)を前後の2本のラインが担当し、しかもそのラインの幅を非常に狭くしている。そうすると、二人のボランチは「スペースを押さえる守備」をする必要が無くなります。2ラインが狭いので、そもそもスペースが限られるからです。そこで、この2ボランチが状況に合わせて、(当然、約束事はあるでしょうが)かなり自由にプレーすることが出来ます。

4−4−2の守備では、ボランチには左右の役割分担などが生まれますが、新潟の場合は、左右のポジションも頻繁ですし、ボランチが第一守備ライン、第二守備ラインに自由に入って相手へのプレッシャーを増すことも自由。しかも、常に試合に対して受け身にならず、攻めるカタチでポジショニングを変えているので、ボールを奪った瞬間により早く攻撃に参加することも出来ます。

たぶん、体力的には辛いポジションでしょうが(だから3人でローテーション出来る現在は有利)、楽しくてしょうがないでしょう。

 

だから今年は「イエローカードが少ない」

このように、前線でもラインディフェンスで常に連動してプレー。前線から最終ラインまでも狭く、しかも2ボランチが自由に、しかも素早くボールに寄せることが出来ます。その結果、相手の選手がボールを受けるときも、かならず直ぐ近くに新潟の選手が寄せてきます。ボールを持ってもスペースがない。そうすると、新潟の選手はボールに「飛び込む」必要が無く、しっかりと身体を寄せるディフェンスが出来ます。また自分一人で無理して止めなくても、回りの助けを待つことが出来る。だからイエローカードが少ない。これはシーズン後半で新潟の大きなアドバンテージになる可能性があります。

 

怖いのは、ディフェンスラインの裏

当然のことながら、前に強いということは、後ろに大きなスペースがあると言うことです。
そして、そここそが「東口」に期待されるところかも知れません。11人目のフィールドプレイヤーとして彼が覚醒することが(今のところ、そういう攻めはされていません)、最後の一つのピースかも知れません。

毎年なら「夏が怖い」という所なんですが、既にボランチでは3人でのローテーションが可能であることを実証し、右サイドバックも2人体制が可能(ちなみに酒井は右も出来る)、左サイドバックにも新しい血が入りますし、FWにはポストが出来る2人の交代選手が居る。今までの夏の失速は今年こそ避けられるかも知れませんし、そのときこそ「黒崎サイコー!」と叫びましょう。

ただしキショーがW杯メンバーに選ばれちゃったので、秋以降が不安。またそれ以上に、マルシオだけが「替えがいない」のです。

しかし、ヨンチョルも成長しているし、加藤大だって間に合うかも知れません。

まあ、中断前の最後の1試合。頑張って貰いましょう。

 

posted by 紅 at 14:32| Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。